FC2ブログ

記事一覧

第56回 アルゼンチン共和国杯 事後検証

こんばんは、ヨッシーです。
アルゼンチン共和国杯の事後検証です。

暗号枠は事前検討での堀厩舎3頭登録→1頭出走ではありませんでした。
なお重要戦歴については変更ありません。

◆暗号枠(解読の入口)
回避馬を見ますと、前走東京条件戦1着馬が3頭登録(ジナンボー、ヘリファルテ、ムイトオブリガード)から1頭出走(ムイトオブリガード)になっていますので、ムイトオブリガードが配置された6枠が暗号枠でした。

◆6枠の共有枠
6枠の戦歴を他の枠と合わせて見ますと、枠の構成と戦歴から7番ムイトオブリガードと12番ヴォージュが前々走夏季番組初戦10ゲートで1着していますので、8枠が共有枠となります。

重要戦歴
2つの共有枠から重要戦歴を見い出すわけですが、この2つの枠(6枠、8枠)における重要戦歴は12番ヴォージュが持つ丹頂ステークス7着歴と考え、この戦歴を目黒記念(含む)以降でのオープンクラス掲示板外1桁敗退歴と捉え、馬(枠)を選択します。

重要戦歴を持つ指針馬はウインテンダネスです。

◆1着候補馬と馬券対象候補枠
重要戦歴から導き出す1着候補馬と馬券対象候補枠は以下のようになります。
1着候補馬 : パフォーマプロミス もしくは ホウオウドリーム
馬券対象候補枠 : 5枠、6枠、7枠、8枠

馬連が万馬券でない決着 : 1着パフォーマプロミス → 2着ムイトオブリガード → 3着マコトガラハッド
馬連が万馬券になる決着 : 1着ホウオウドリーム → 2着ウインテンダネス → 3着ヴォージュ

以上です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヨッシー

Author:ヨッシー
スピリチュアルに目覚めたことで、スピリチュアルな気づきを競馬解読に持ち込み予想する

有料の会員制ブログもやっております。
ご興味のある方は、下記のサイトよりご確認ください。
http://yosshispiritual.com

カウンター